ISSUE #0

'SWEET ROUGH DRAFT'

 

 

とある日曜の晩に自宅で、とある名作映画を15年ぶりくらいに観ました。

久しぶりに観る映画はとても面白く、良い夜を過ごせました。

個人的にですが、その時に思ったことがあります。

「デザイナーという職業はこの映画をモチーフやテーマにするのではく、この映画を観て得た小さな感動やきっかけを最大限に誇張する事をテーマにするべきだ」という事です。

 

今回の一番初めのインスピレーションである青いインク漏れ。

このインク漏れが辺り一面に海のように染み渡っていくように、小さなきっかけをできるだけ広く誇張したいと考えました。

何故、青いインク漏れがインスピレーションなのかというと、

ただなんとなく可愛かったからです。

きっかけは、そんなもので良いと思いましたし、そんなものでやりたかったです。

 

青いインクで思い浮かんだのは、万年筆やボールペン。

これらは筆やハケの「塗り」のツールではなく「線」のツールだな、と思いました。

塗りではなく、線でやることは何かと考えた時に、

絵の色をつけたりする前の「下書き」だと思いました。

そして下書きという行為は、

絵であれば、作品をより美しくしようという行為であり、

手紙であれば、より気持ちを伝えようとああでもないこうでもないと考える準備の時間であると思い、

その下書きの時間・空間が、とても素敵であると気付きました。

このような視点から’SWEET ROUGH DRAFT’(素敵な下書き)とタイトルをつけ、

SHINYAKOZUKAの下書きの部分を軸に作成しました。

 

ユーロワークといったスタイルにファッション観を培われたこと。

オーバーサイズを作りたいのではなく、オーバーサイズによる身体と布の空間を作りたいということ。

優れたデザインは、隠れているということ。

全ての物事が明瞭では面白くないこと。

自身のファッションや服に対するプリミティブな部分を考えた時に、このような言葉が出ました。

 

本来であれば、清書したものを見せることがプロフェッショナルなのかもしれませんが、

今回イメージしたインク漏れが広がっていくように、

より色んな人たちに我々の服が広がっていくことを願いながら、

丁寧に丹精に下書きをしました。

.

In a certain Sunday’s night, I watched a certain famous film for the first time in 15 years.

The film was very enjoyable.Therefore, I spent a great night.

Through this experience, I thought that ‘We, designer should not have to deal with this film, we ought to exaggerate a small impression through

watching this film massively.ʼ

This time, the initial inspiration is ‘leaking blue ink’.

As permeating blue ink as sea, I considered to exaggerate a small beginning as much as possible.
The reason why I have chosen leaking ink is simple. Somehow I felt sweet.

I thought that the beginning is good such a thing and I wanted to start such a thing.

I imagined a fountain pen and a ballpoint pen from blue ink.

These are not tools as ‘painting’.These are tools as ‘writing’.

Then, I considered what we use writing, not painting. I concluded that ‘making a draft’ is used writing.
For a painting, an action of making draft is an action for trying to create more beautiful work.
For writing a letter, writing draft is an action of preparing time for expressing feeling.

I realized that time and space of making draft is very sweet.

In terms of above points, I titled ‘SWEET ROUGH DRAFT’ and make A draft of SHINYAKOZUKA.

Euro worker’s style cultivates my view of fashion.

Making oversized garments is not important. I want to make space between a body and a fabric by oversized garments.
Great design is always hidden.

It is not interesting if everything is clear.

When I considered my primitive parts for fashion, above words come to my mind.

By all rights, to show a fair copy is professional.

But, at this time, I made ‘a draft’ with the utmost care.

I desire to spread our fashion various people as initial imagination of permeating blue ink as sea.

×
English
USD $